ココマイスター コードバン

ココマイスターのコードバン

ココマイスターには、バック・財布・名刺入れ・キーケースなど、ビジネスシーンで活用できるアイテムが数多く揃っていますが、これらのアイテムの中でダントツの1番人気は長財布です。

 

ココマイスターコードバンシリーズ
その中でも人気のシリーズと言えば『コードバン』が上げられます。ブランド誕生当初からあるコードバンの財布には、日本製の皮革素材を使用しています。
その後、アメリカの名門タンナーのコードバンを使った『シェルコードバン』シリーズ。日本の水染めコードバンを使った『マイスターコードバン』シリーズが発売されます。

 

革製品によく使われているコードバンは、キメの細かい繊維がむき出しになった状態の為、とても滑らかでしっとりとした手触りが特徴です。馬1頭から採れるコードバンの量は、わずかなので非常に価値のある素材なのです。食肉用として生産されている農耕馬からのみ取ることが出来るのですし、馬のおしりの部位の革の中の素材がコードバンになります。

 

ココマイスターのコードバンは職人がロウを練りこんでいる為、製品の表面に白いロウが浮き出ていますが、これを磨いたり使い込むことにより、きれいな光沢が出てきます
使い込めば使い込むほど良さがわかってくる素材なのです。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

ココマイスターのおすすめコードバンアイテム

ココマイスターの中で一押しのコードバンシリーズといえば『シェルコードバン』シリーズですが、その中でもビジネスマンにおすすめのアイテムを紹介します。

 

シェルコードバン・ヴァランテはココマイスターで人気の名刺入れ

『シェルコードバン・ヴァランテ』って名刺入れなんですけれど、ココマイスターの名刺入れの中で一番お高い商品です。
シェルコードバン ヴァランテ
価格:38,000円(税込)
色:ブラック/ボルドーワイン
p(^-^)q

 

名前に名刺入れって入っていないから最初は財布かと思いました。wシャルコードバンっていうのは、たびたび紹介しているのでもうすでにご存じの人も多いと思います。米国のホーウィン社のコードバンになります。
コードバンといえばやっぱりアメリカだと思うんです。個人的にですけれどね。あくまで。オールデンに代表されるようにコードバンを使った革小物が古くから作られていました。
そういう伝統と歴史のあるアメリカのホーウィン社の素材は、今もやっぱり違います。手触りがしっくりきますし、見た目もかっこいいし、深みのある光沢感が大人の男の持ち物として、輝きを放っています。
こういう名刺入れを一度でいいから使って仕事をしたいですね。サイズは一般的な名刺入れと変わりがありませんので、問題なく使えます。

 

シェルコードバン ヴァランテのディテール
このような高価な名刺入れはそう簡単に買えるアイテムではありません。特別な時でないとそうやすやすと支払える金額ではないですよね。
自分の仕事がうまくいったときのお祝い(昇進したり、栄転したり)として買う人も多いですし、旦那様や彼氏へのプレゼントとして買う人も多いです。

 

それに、このような特別なアイテムはプレゼントとして最適です。何よりも貰った人がすごく喜ぶと思いますよ。喜ぶ顔がうれしいですからね。

 

☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

 

ココマイスターのシェルコードバン長財布を紹介

シェルコードバンには長財布が2種類あって、ラウンドファスナータイプと見開きタイプの2種類になります。

 

名前は『シェルコードバン・アーチデューク』(ラウンドファスナー型)
シェルコードバン・アーチデューク
価格:12万円(税込)
色:ブラック/ボルドーワイン
と、

 

『シェルコードバン・スタンフォード』(見開き型)
シェルコードバン・スタンフォード
価格:95,000円(税込)
色:ブラック/ボルドーワイン
です。

 

そもそもシェルコードバンとは、アメリカ、シカゴの名門タンナーの『ホーウィン社』のコードバン素材になります。このホーウィン社っていうのが、コードバン素材ではファッション業界では世界的に有名なタンナーなんですよね。いろんなブランドが採用しているんです。実は。
(ホワイトハウスコックスでも使っていたりします。)

 

そんな最高級の素材だから、ココマイスターでも使わないわけには行きません。という理由か、どうかはわかりませんが、ココマイスターにもアイテムがあります。シェルコードバンは自然の風合いを極限まで残して鞣されている最高の素材になるんです。
ココマイスターの2アイテムでは表面だけでなくて、裏面にも贅沢に使っています。だから、高級感がすごく出ていますし、お値段も高級感がでています。(使用する量が多いから値段はしょうがないのです)
この長財布があれば、もう生涯、違う財布は要らないっていうくらい一品になっています。使いこなせる男になりたいですね。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん

 

 

『コードバン』は革製品の定番の素材ですよね。だから、数多くの革製品ブランドでコードバンを使ったアイテムが作られていますが、一頭の馬から取れる量は非常に少ない為、希少価値がとてもある素材になります。
ココマイスターのコードバンのアイテムは、外装には国産最高級の素材を使っているので、その光沢はすばらしい物があって、これに魅せられてココマイスターのファンになった人も多いですね。素材の特長としても、長く使う事により輝きを増しますので、財布の表情の変化を楽しめるシリーズです

 

 

コードバンとは

コードバンは革製品を作る時に定番の素材になるんですが、馬のおしり部分の素材の事をさします。強度が非常に強く、牛革の2,3倍あるのです。スゴイ強いんですね。
馬1頭から採れる量は少なく、農耕馬からのみ採る事が出来る皮革なので希少価値のある皮革です。皮革の状態は、キメの細かい繊維がむき出しになっており、非常になめらかで手触りはしっとりしているのが特長なんです。
コードバンを触ってみると、スベスベの感触を感じますが、これは繊維のキメが細かくその繊維がむき出しの状態だからです。

 

 

コードバンは食肉用として飼育されている農耕馬から採れますが、1頭から取れる量が非常に少ない為、希少価値の高い素材なのです。その素材をココマイスターでは、日本の職人が伝統ある技術を駆使して手作りで製造しています。ココマイスターで採用しているコードバンも質がよく、高級な仕上がりなので人気のあるアイテムです。

 

また、皮を加工段階で職人がロウを皮にスプレーで吹き付けて製造している為、完成後のアイテムの表面には白いロウが浮き出ています。そして、このロウを使いアイテムを磨いたり使い込むことにより自然にロウが磨かれて、持ち主独特のきれいな光沢が出現するのです。
使えば使う程、素材やクオリティーの良さがわかってくる革素材で、自分なりの表情を作ることが出来るので、コードバンのシリーズは人気です。1つは手持ちアイテムに加えたいですよね。
(・∀・)

関連ページ

ココマイスター 長財布 おすすめ
ココマイスターのおすすめの長財布を紹介します。買換えるならこの財布。財布を2つ持ちで使い分けるのもGoodです。男なら今人気のブランド『ココマイスター』の長財布ですよね。
財布 二つ折り ココマイスター
ココマイスターは、長財布が注目されがちですが、二つ折り財布もロングセラーの人気があります。カジュアル派におすすめです。
ココマイスター 人気財布
ココマイスターは日本製の革製品を扱っています。職人が手作りで生産している逸品は人気がすごくあるんです。人気財布を紹介します。次、新しい財布を買う時でも、2番手の財布でも『ココマイスター』がおすすめです。
ココマイスター ロンドンキャメル
ココマイスターのアイテムの中でロンドンキャメル色があるアイテムを集めて紹介してみます。
ココマイスターの薄い財布
ココマイスターの数ある財布の中で『薄い財布』を紹介します。厚みがない薄い財布は、かっこよく持ち歩くことができます。20代・30代・40代とどの世代にもおすすめです。
ココマイスター ナポレオンカーフ
ココマイスターの中でカジュアルラインと言えば『ナポレオンカーフ』シリーズです。オイルを通常より多く染み込ませてある革素材は、手にした時の感触が独特です。カジュアル好きにおすすめの財布です。
財布 メンズ モスグリーン
メンズの財布でモスグリーン色の財布を集めてみました。人気ブランドの財布はクオリティーが高いし、おしゃれです。手持ちに1つは欲しい色ですね。モスグリーン。
財布 メンズ ロンドンキャメル
人気のメンズ財布ブランドと言えば『ココマイスター』です。その『ココマイスター』のロンドンキャメルのカラーのアイテムを集めてみました。
マットーネ オーバーザウォレット
ココマイスターのラウンドファスナーの長財布の一押しアイテムが『マットーネ オーバーザウォレット』です。編み込みのデザインの長財布は『かっこいい』の一言に尽きます。